MENU

最新情報

  • 21年11月26日 刑事裁判News 本蔵被告人、事件は作り話と全面否定。事件の真相は愛知製鋼によるGSR技術の乗っ取り作戦と主張。検察官は反対尋問で反論せず。

愛知製鋼との刑事裁判、すべての証人質問が完了

本蔵氏は、検察が特定した愛知製鋼の秘密開示情報(基本工程と類似)について、愛知製鋼の二人の証人(西畑氏と青山氏)が異なる証言をしたことを指摘し、愛知製鋼の秘密は特定されておらず、告訴自体が不当である旨を主張した。

西畑氏は、愛知製鋼の秘密を、「基本工程は当たり前に見えるが、磁性ワイヤの取り扱いが難しく、苦労して開発したノウハウを含む一連の工程が秘密」と特定し、一つでも欠けると愛知製鋼の装置は稼働しないと証言した。また、検察が特定した愛知製鋼の秘密情報(基本工程と類似)では、愛知製鋼の装置は稼働せず架空工程だと証言した。
他方、青山氏は、基本工程そのものが重大秘密で、対策ノウハウは本質的ではないと秘密を曲解していた。
本蔵氏は、両者の秘密特定は真逆であったことを指摘した。

本蔵氏は、秘密開示情報には事件当時は発明されていなかった技術が含まれていること、架空工程であること、さらに青山氏が主張する基本工程はFA電子など同業者にとって周知情報であることを明らかにした。その上で、愛知製鋼の刑事告訴の根拠となった3種類の技術鑑定書は、いずれも基本工程が愛知製鋼の秘密であったという青山氏の曲解に基づくでたらめな鑑定であることを指摘したうえで、秘密漏洩事件そのものが架空の作り話であると主張した。

本蔵氏は、秘密漏洩事件を捏造した今回の事件の真相について、次のように証言した。
事件の端緒は、青山氏が13年8月本蔵氏のJST申請書(秘密文書)を不正に入手し、その中に記載されていたすべての本蔵特許が愛知製鋼の秘密を盗み特許出願したもので、告訴すべきだと主張していたことである。
青山氏による刑事告訴の直接的動機は、本蔵氏によるGSRセンサの開発の成功と自らのロームProjectの失敗が対比されて、失敗の責任を追及されることを恐れたことと思われる。そこで、ワイヤ整列装置に関する本蔵特許は愛知製鋼の秘密を盗み特許出願したものだと本蔵氏を犯罪者扱いにして、今回の一連の裁判を起こした。裁判を利用してマグネデザイン社を倒産に追い込み、GSR技術を奪い取ることを企んだものだと証言した。

最後に、本蔵氏は、大企業によるベンチャー企業の技術の乗っ取りという横暴を許せば、日本の科学技術の危機である。この企みに負けないで、GSRセンサを必ず世の中に出して、技術革新に貢献するつもりですと、証言を締めくくった

検察官は、反対尋問において、秘密開示情報が架空工程である、秘密開示事件をそのものが作り話だと証言されたにもかかわらず、一切反論をせず、反論権を放棄したと言わざるを得なかった。


  • 21年9月1日 特許News 2021年(1-8月)に特許5件を取得して、累計は20件になりました。

今回は、 上記の取得特許の内、 “磁界検出素子”(特許第6839399号)についてその要約書を紹介します。本件特許の技術内容は、21年4月26日 Intermag2021国際会議で、対向電流式デザインのGSR素子として研究成果を発表しています。GSRセンサのウィークポントを解消した画期的な技術です。

【特許第6839399号の要約書】
<課題>超高感度マイクロ磁気センサ用の磁界検出素子において、出力特性歪によるセンサの性能を損なわないようにする。
<解決手段>1本の磁性ワイヤ12は、中央部と両端部に3個のワイヤ端子(12Cおよび12Lと12R)および中央部用電極12CEと端部用電極12SEを備え、検出コイル13は磁性ワイヤの中央部の左右に配置する2個の検出コイル(左検出コイル13L、右検出コイル13R)とそれぞれの端部に4個のコイル端子(13LL、13LR、13RL、13RR)および出力用電極(13LE、13RE)を備えて、磁性ワイヤ12および検出コイル13はそれぞれ端子間、端子と電極の間を配線により連結されている。励磁パルス電流が、パルス入力電(12CE)からグランド電極(12SE)に通電されると、磁性ワイヤ12の中央部端子12Cを中点として、左と右とでは励磁パルス電流が発生する円周方向磁界が反対方向となる。

【図】

※詳細は当社のHP”当社技術のご紹介”の特許公報をご確認ください。

当社は、上記特許について特許ライセンスを行っております。ご希望の方は、当社知財部にてご相談を承っております。


  • 21年4月26日 Intermag2021国際会議で、GSRセンサの研究成果発表

Intermag 2021国際会議(21年4月26日―30日)で、下記の研究成果を発表しました。

タイトル名;
Development of Opposing Current Type GSR Sensor Element to Reduce Induced EMFs in Zero Magnetic Field
著者;
Y. Honkura, S. Honkura

参考サイト:”INTERMAG21”,”PROGRAM BOOK”145/240ページのNo.IB-11に掲載。(外部サイトへ移動します)

今回は、GSRセンサのウィークポイントであったゼロ磁場の下で発生するコイル電圧を除去することに成功しました。これは、1本のワイヤに二つのコイルを取り付けて、正負逆向きのパルス電流を通電すると、二つのコイルに逆向きの電圧が発生することを見出し、両コイル電圧を加算することによって実現しました。
このことによって、センサ出力のS/N特性と温度特性を大幅に改善でき、しかもひねり応力がある場合でも左右対称性の優れたGSR特性(Fig2)が得られることが分かりました。

 

会社概要

会社名 マグネデザイン株式会社
英文社名 Magnedesign Co. Ltd.
所在地 名古屋市昭和区福江二丁目9-33名古屋ビジネスインキュベータ(ナビ白金)408
TEL 052-872-6111
FAX 052-872-6123